東京都電機健康保険組合

東京都電機健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

健康推進事業

健康教室

保養所を活用しての宿泊型健康教室

  • 目的:生活習慣病予防を中心とした講演会、健康食並びにウォーキング等適度な運動の提供により、当組合の加入員の健康保持増進、併せて保養所の利用促進を図ることを目的とする。

    ※各教室の詳細については、開催毎に広報誌、ホームページ等によりご案内いたします。
    ※各教室の講演会については、当組合保健師がわかりやすく行います。
    ※各教室の健康食については、食材の特徴を活かし、減塩・低カロリー等にて調理されていますが、
    「治療(改善)食」ではありません。
    ※各教室のウォーキング等の企画イベントについては、参加者のうちの希望者とします。

  1. 健康食&講習会(血糖編) 『自然観賞ウォーキング』
    • 日時:2019年6月14日(金)~15日(土)
    • 場所:強羅グリーンハイツ
    • 人数:募集定員は30名程度
      ※募集は締切ました。
  2. 健康食&講習会(メタボ編) 『神社仏閣ウォーキング』
    • 日時:2019年9月13日(金)~14日(土)
    • 場所:洛北荘
    • 人数:募集人員は15名程度
    • ※募集は締切ました。
  3. 健康食&講習会(血圧編) 『自然満喫ウォーキング』【予定】
    • 日時:2019年11月15日(金)~16日(土)
    • 場所:オレンジドームゆがわら
    • 人数:募集人員は30名程度
  4. 健康食&講習会(脂質編) 『美術鑑賞ウォーキング』【予定】
    • 日時:2020年3月13日(金)~14日(土)
    • 場所:強羅グリーンハイツ
    • 人数:募集人員は30名程度

東京都電機健保会館での健康教室

  1. ピンクリボン運動に向けた『女性のための健康教室』
    • ・乳がん・子宮がんの啓蒙・啓発を行い、健診の重要性の認識を促すことを目的とする。
    • ・2019年10月
    • 定員:募集定員は30名程度
      ※日時、募集要領については、決まり次第お知らせいたします。

事業所へ出向いての健康教室

健康教室の申込書(A4、62KB)

  • テーマ1 生活習慣病の予防
    <内容>
    1. 生活習慣病について
    2. 生活習慣について  ~食事の習慣、運動の習慣~
    3. 自己管理方法    ~健康診断結果の読み方~
  • テーマ2 社会人の健康管理 ~新入社員向け~
    <内容>
    1. 健康管理      ~体重管理~
    2. 生活習慣について  ~食事の習慣、運動の習慣~
    3. リラクゼーション  ~ストレス対応~
  • テーマ3 タバコについて
    <内容>
    1. タバコの動向
    2. タバコによる健康障害について
    3. 禁煙のサポート方法
  • テーマ4 女性のための健康教室
    <内容>
    1. 女性のボディ&ライフスタイル ~その変化と健康管理~
    2. 女性のガンの現状と検診について ~乳がん自己検診~

データヘルス計画に基づく事業

 健診結果・レセプト情報等データ分析に基づき、効果的・効率的に保健事業を実施するためのさまざまな事業になります。

参考リンク

重症化予防 電話指導事業

 39歳以下の加入者の健診結果とレセプトとの突合から、本来、医療機関を受診しなければならないほど高リスク状態であるにもかかわらず、未受診者に対して電話指導を行うことにより、今後の重症化予防対策を行い医療費の適正化を図ることを目的としています。

前期高齢者 電話指導事業

 65歳から74歳の前期高齢者が、退職後、国民健康保険に大幅に移行することにより、保険者間の医療費負担に不均衡が生じるため、現在、それぞれの制度の加入者数に応じて財政調整を行う仕組みがとられています。そのことにより、当組合においては、前期高齢者の医療費に対して7倍~8倍の前期高齢者納付金が生じています。
 そのため、65歳から74歳の前期高齢者のうち、「同一疾病での複数の医療機関受診」、「重複した投薬治療」および「慢性疾患治療時の時間外加算」等で受診している 方に対し、訪問または電話による受診方法の説明や生活指導を実施することにより、ジェネリック医薬品の促進、はしご受診を抑制し医療費の抑制につなげることを目的とします。

医療費の流れ(参考資料)

事業所訪問事業

担当者面談

 事業所の医療費動向、健診受診状況等について、本人・家族、リスクごとに資料作成し、担当者と健康課題の共有を図ります。併せて、当組合のスコアリングレポート及び組合財政状況とりわけ、後期高齢者支援金や前期高齢者納付金制度の説明をし、特定健診・特定保健指導の実施率向上、および禁煙、ジェネリック医薬品利用促進を図り、医療費の抑制につなげることを目的としています。

参考リンク

特定保健指導

目的

特定保健指導は、生活習慣病の発症リスクをかかえた方々に、生活習慣の見直しをサポートし、重症化の歯止めを目的とします。

対象者

40歳から74歳の被保険者・被扶養者で健診を受けた方で、腹囲とBMIで内臓脂肪蓄積のリスクが判定されます。リスクが1つ以上あった方が対象となります。リスクの数により保健指導レベルが異なります。

実施方法

(1)健診当日もしくは健診受診医療機関での保健指導
 ・春日クリニック(東京都文京区小石川1-12-16)
 ・せんだい総合健診クリニック(宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1 トラストタワー4F)
  健診受診者(被保険者・被扶養者による人間ドック、婦人健診、生活習慣病)で、特定保健指導に該当された
  方が対象です。健診当日または指定日に、各医療機関の保健師等により保健指導を行います。

 ・相模原総合健診センター(神奈川県相模原市中央区淵野辺3-2-8)
 ・みなとみらいメディカルスクエア(神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-3 MMパークビル2F)
 ・横浜総合健診センター(神奈川県横浜市神奈川区金港町3-1 コンカード横浜20F)
 ・宇都宮記念病院総合健診センター(栃木県宇都宮市大通り1-3-16)
 ・荘内地区健康管理センター(山形県鶴岡市馬場町1-45)
  健診受診者(被保険者・被扶養者による人間ドック)で、特定保健指導に該当された方が対象です。
  健診当日または指定日に、各医療機関の保健師等により保健指導を行います。

 ・巡回レディース健診受診の方も健診会場にて特定保健指導が受けられるようになります。


(2)東振協による保健指導
 (1)以外の医療機関を受診された方は一般社団法人 東京都総合組合保健施設振興協会(東振協)へ委託しております。該当された事業所へ特定保健指導対象者一覧表と特定保健指導実施申込書を当組合より送付いたしますので、特定保健指導の申込にご協力をお願いします。

①被保険者2名以上の申込 ②被保険者1名・被扶養者の申込
申込方法 参照①の用紙で事業所より組合に一括申込 参照②の用紙で個人より組合へ申込
保健指導場所 保健師等が事業所へ出向き指導 指定された医療機関にて指導

参照①の用紙「特定保健指導実施申込書(出張用)」(Excel)

参照②の用紙「特定保健指導実施申込書:個人用、院内実施」(Excel)

特定保健指導契約医療機関一覧(2019年3月現在)
※上記契約医療機関については追加契約や契約解除等が発生しますので、最新の情報は下記にお問合せください。
東京都総合組合保健施設振興協会 保健指導支援センター TEL 03-5611-3255


(3)当組合保健師による保健指導
 健康企業宣言のサポート事業の一環として、健康企業宣言事業所及び当組合の特定保健指導実施率向上に向けて、組合が選択した事業所を対象として保健指導を当組合保健師が行います。

特定保健指導対象者の階層分け(参考資料)

事業所と一緒に行う禁煙チャレンジ事業

禁煙を推進することにより、喫煙者の減少を目指し、健康の保持・増進を図ることから、医療費の抑制につなげることを目的とします。

禁煙チャレンジの流れ

事業所単位でご参加いただき、健康教室やグループワークを開催し、禁煙チャレンジ者をバックアップします。

  1. STEP1お申し込み
    ・参加申込書をチャレンジ開始月の2ヶ月前までにご提出ください。
    ※事業所と一緒に行う禁煙チャレンジ申込書&禁煙チャレンジの流れ
  2. STEP2健康教室・グループワークの実施
    ・対象は、喫煙者・非喫煙者問いません(概ね1回30名程度)。
    ・グループワークでチャレンジの意思を確認し決定します。
    ※参加者がいない場合は、ここで終了です。
    ・禁煙チャレンジ希望者がいる場合、サポート方法を説明します。
  3. STEP3禁煙チャレンジスタート・サポート
    ・健康教室終了後よりチャレンジスタートとなります。期間は3カ月です。
    ・スタートから1週間後、1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後禁煙記録日誌をご提出していただきます。
    ・当組合保健師より電話・メール・面談等により個別支援いたします。
  4. STEP4禁煙チャレンジ終了
    ・チャレンジ内容などについてのアンケート実施します。
    ・禁煙達成者の方には「達成賞」を贈呈します。
    (※贈呈はアンケートの回収、集計後となります。)

個人で参加の禁煙チャレンジ

事業所単位で参加できない方々に禁煙するきっかけづくりと健康保持・増進を図り、医療費の抑制につなげることを目的とします。

実施期間

① 2019年6月1日~2019年8月31日 3ヶ月間
◆ 参加申込書&禁煙チャレンジの流れ

② 2019年11月1日~2020年1月31日 3ヶ月間
※募集要領等については、改めてお知らせいたします。

参加資格

当健康保険組合の被保険者・被扶養者

実施方法

①個人にて参加申し込み
②参加者に禁煙記録日誌を送付
③禁煙チャレンジスタート(1週間後、1ヶ月後、2ヶ月後毎に禁煙記録日誌を提出)
④3ヶ月後、禁煙記録日誌と終了アンケートを提出
⑤禁煙達成者に達成賞を送付

喫煙対策事業

目的

 喫煙者の減少を狙い、禁煙を推進するため、「世界禁煙デー」(毎年5月31日)に併せた「喫煙対策ポスター」の作成し、希望事業所への配布を行い、加入員の健康保持・増進、さらには医療費の抑制を図ることを目的とします。

平成27年度 禁煙対策ポスター(A4版)

平成28年度 禁煙対策ポスター(A4版)

平成29年度 禁煙対策ポスター(A4版)

平成30年度 禁煙対策ポスター(A4版)
※印刷時、PC・プリンタ環境により多少の色ムラがでます。ご了承ください。

禁煙外来補助金

目的

 2020年「東京オリンピック・パラリンピック」に向け喫煙対策、とりわけ「受動喫煙」防止に向けた対策・議論が活発となっています。当組合では、禁煙への動機付けとしてバックアップすることを目的としています。

対象者

 当組合加入の被保険者・被扶養者

実施方法

 禁煙外来受診者に対し、申請に基づき5,000円を上限として補助を行います。
 申請は1年度に1回までとし、結果として禁煙の可否は問いません。

禁煙外来補助金交付申請書(A4版)

個別受診勧奨

目的

特定健康診査の結果から医療機関を受診する必要があると判断された方に情報提供を行い、受診行動に繋げることを目的とする。

対象者

特定健康診査対象者(40歳以上)とし、特定健康診査の必須検査項目の健診結果が「要治療数値」相当者
※必須検査項目
・血圧(収縮期/拡張期)・糖代謝(空腹時血糖、HbA1c)・脂質代謝(LDL、HDL、中性脂肪)
・肝機能(AST(GOT)、 ALT(GPT)、γ-GTP)・腎機能(尿蛋白)
※数値については「人間ドック等の判定値」参照

人間ドック等の判定値(参考資料)

健康推進事業に関するお問合せは 保健事業部 健康推進課

ページ先頭へ戻る